メーリングリストを育てるための情報整理のコツ

どうやって、メーリングリストを育てていけばいいのか、難しいと思っていませんか?

メーリングリストの作成には、時間と焦らない精神、そしてプランへの集中が必要です。

太郎

wow 〜

しかし、難しくどうしようもないわけではありません。

少しずつ整理すれば、そのストレスは減ります。

毎日たくさんのタスクをこなしていると、なかなか時間を設けるのが難しいかもしれませんが、それもそれほど心配する必要はありません。

綿密に練られたプランとテクノロジーの力を拝借して、わりと簡単に整理できます。

情報を整理することで、メーリングリストを育てて、あなたの顧客を幸せに導くことができるのです。

ステップ1: プランを練る時間を確保する

メーリングリストを育てていくには、メルマガ読者の目に留まり、理想の顧客に絞る必要があります。

そのためには、「誰に、いつ、何を、何のために」メールを配信するのか、プランを練っていきます。

時間を設けてプランを練ることで理想の顧客との良好な関係性から、ビジネスが回り良い結果を得られる可能性が高くなります。

計画的にメール配信することで、登録時に期待されたコンテンツを配信でき、購読を解除される可能性も低くなります。

プランを練る時間を作るには、あなたが最もクリエイティブな気分でいられる時間を割り当てると良いでしょう。

早起きする人なら、朝が一番頭が冴えているかもしれません。

あるいは、ウォームアップの時間が必要で、午後に最も良い思考ができるかもしれません。

あるいは、夜型人間で夜の時間帯に最も頭が冴えてくるかもしれません。

この時間を自分との対話の時間だと捉えて、確保するようにしましょう。

ステップ2:テクノロジーを使いこなす

どのメール配信プラットフォームを使うか、迷うことがあります。

どのプラットフォームも似たような機能を備えていますが、それぞれ異なるため、どれを使うか迷ってしまうかもしれません。

しかし、どのプラットフォームを選ぶかに時間をかけるよりも、まずはさっと1つを選んでみましょう。

そして、すぐに飛び込むことです。

飛び込んだらまず、そのメール配信プラットフォームでは何ができるのか、チェックしてみてください。

そして実際に配信する前に、作成したリストに自分を追加してみたり、メールテンプレートを使ってみたり、オプトインフォームを作ってみたりと、いろいろ遊んでみてください。

もしやり方に行き詰まったら、ほとんどのメール配信プラットフォームにはテクニカルサポートやライブチャットがあります。

もしくはYouTube内にある使い方の解説動画が役立つかもしれません。

その他、情報の整理のコツをいくつか紹介します。

情報整理の3つのコツ

①新しいアイデアをメモ用のアプリに記録しておく。

②顧客のリストをカテゴリー別に作成し、各リストに合わせたメッセージを送る。

③専用のカレンダーを使って、いつメールキャンペーンを送るか、どんなトピックを扱うかを計画する。

最初に情報の整理に時間を割り当てておくことで、長い目で見ると非常に時間の節約になります。

パンくん

情報の整理もこんまりさんのお部屋の片付けと同じだね

まとめ

メール配信プラットフォーム内の情報を整理することで、メルマガ読者のリストを増やし、ビジネスを成長させることができます。