Kindle本の執筆を手伝ってもらう ー自分でやる必要はない

もし、あなたが最初の専門的な本を出版しようと計画したなら、2つの選択肢があります。

選択肢1:自分で書く

選択肢2:一緒に書いてくれる人、あるいは代わりに書いてくれる人を雇う

選択肢1は、自分自身でKindle本を書く時間を確保でき、計画的に行える自信があるなら最適です。

しかし、必ずしもすべてを自分ひとりでやる必要はありません。

選択肢2のように、あなた独自の経験や知識、視点を伝えて、より熟練したライターのスキルを活用することもできます。

自分でKindle本を書く

自分でKindle本を書くのがベストな選択肢となるのは、どうしても自分で書きたいという熱意がある場合です。

他の人の手を借りたり、一部を任せたりすると、自分の声や熱意が損なわれる可能性があるからです。

しかし、この場合でも、編集者の助けを借りることができます。

自分で企画で執筆し、完成した原稿を誰かに見てもらい、編集が必要な箇所をきれいにしてもらうのです。

編集者は大きな変更を加えることなく、元の原稿に磨きをかけるだけです。

共著者を雇う

もう一つの方法は、プロの作家と一緒に本を書くことです。

たまに表紙に、連名で著者名が書かれているのを見かけますが、これが共著者です。

この場合、あなたは基本的な構成とアイデアを提供し、共著者のライターがあなたのアイデアを整理して文章を作るお手伝いをします。

あなたがどれだけ書き、共著者がどれだけ書くかは、契約次第です。

例えば、Googleドキュメント書いたものを送ると、編集者がリアルタイムで簡単にチェックできます。

あるいは、ライターと定期的にZOOMミーテイングをしてあなたのアイデアを説明し、実際の執筆はライターにやってもらうことも可能です。

どのように書いても、最終的にはあなたのアイデアが詰まった、読みやすくまとまった本ができあがります。

ゴーストライターを雇う

実際の執筆作業にあまり関わりたくない場合は、ゴーストライターを雇うという方法があります。

この場合も、あなたが書くか、ゴーストライターが書くかは、あなた次第です。

各章で取り上げるべき内容や、あなた自身の経験から得たことをメモしたものをもとに原稿を作成してもらうこともできます。

あるいは、あなた自身が書いた文章で詳細なアウトラインを提示し、その間を埋めてもらうこともできます。

ゴーストライターを雇ったとしても、最終的な編集権はあなたにあります。

ゴーストライターが書き上げた原稿が戻ってきたら、その文章に目を通し、抜けがないかを確認します。

最終版が完璧でない場合は、修正してもらえるか、ゴーストライターと契約を交わすこともできます。

ただし、Kindle本の文章は、プロフェッショナルで完璧である必要はありません。

目的は、読者にとって価値のある、役に立つ方法であなたのアイデアを伝えることです。

完璧を求めると創造性が損なわれ、本がなかなか完成しません。

読者が学んだことを実際に使えるように、そしてわかりやすく書かれていることを優先させましょう。