【上級者版】セールスファネルのオファーを作る時に避けるべき4つの間違い

セールスファネルはリードを育成し、顧客との関係を構築するのに非常に効果的なツールです。

さらにファネル内のオファーは、そのセールスファネルがうまく機能するかどうかに大きく関わってきます。

そこでセールスファネルをスムーズに構築するために、オファーを作る時に避けるべきよくある間違いをおさえておきましょう。

間違いその1:弱いオファーをしてしまう

コアとなるオファーに集中して、手前のオファーを軽視してしまうことがあります。

最初のオファーが弱いとリードを効果的に選別できなかったり、見込み客がコアとなるオファーを購入するきっかけを作ってあげられなかったりします。

各オファーは、コアとなるオファーと同じように計画し、作成します。

つまり、各オファーは顧客が直面している問題を取り上げて解決策を提供し、しっかりと価値を提供していきます。

そうすることで、見込み客をひきつけ、今後のオファーに興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

間違いその2:トラフィック不足

ファネルを構築して、すばらしいオファーを作成しているのに、最も重要な部分であるリードマグネットを軽視してしまうことがあります。

リードマグネットは強力であるべきです。

さらにコアとなるオファーと関連性があるようにします。

SEO対策をして、見込み客にアクセスできるようにしましょう。

セールスファネルへのトラフィックを増やすことを忘れないでいましょう。

間違いその3:ベネフィットではなく、機能にフォーカスしてしまう

商品を紹介する時、その素晴らしい機能について説明したくなるものです。

しかし、これはコピーライティングの基本ルールに反しています。

“特徴ではなく、メリットにフォーカスする”。 

特徴とは、その商品やサービスの機能、スペック、性能などをさします。

一方ベネフィットは、その商品やサービスが誰かの生活をどのように変えるのか、あるいはどのような問題を解決するのかを説明するものです。

例えば、時間管理ツールの場合

機能とは、チェックリスト、テンプレート、アラートなどのことです。

そしてベネフィットとは、時間のコントロールを取り戻し、より多くの仕事をこなし、好きなことをするために時間を解放することです。 

間違いその4:指標に注意を払わない

ソフトウェアを使って効果的なセールスファネルを作成し、指標を参考にセールスファネルがうまく機能しているかどうかを監視する。

さらに、フィードバックを受けて改善を続ける。

ここまでやれていないことがあるかもしれません。

そのために、見込み客を見逃すこともあるかもしれません。

例えば、最終オファーを購入した後、アップセルを購入する人はほとんどいなかった場合。

売上全体を見るだけであれば、このことに気づかないかもしれません。

しかし、指標をチェックしていれば、一部の顧客層のアップセルの機会を逃していることに気づくでしょう。

【まとめ】セールスファネルのための強力なオファーを作る

セールスファネル用の強力なオファーを作成するには、労力と時間がかかりますが、これらのよくある間違いを避ければ、よりスムーズになります。