【Kindle著者インタビュー】 Naomi Nishikuboさん「LA在住ビキニクイーンおすすめの食べてやせる秘密のスイーツ」

ロサンゼルス在住歴23年、オンライン・ボディメイク・スペシャリストのNaomi Nishikukoさんに著書「LA在住ビキニクイーンおすすめの食べてやせる秘密のスイーツ」の内容について、インタビューしました。

Kindle著者 Naomi Nishikuboさんにインタビュー

ダイエットの成功は食事とメンタルで8割が決まる?

あとの2割は運動。

運動でカロリーを燃やすには限界があると思うんです。

1時間走っても200Kcal(おにぎり1個分)しか脂肪を燃焼されないですし。

Naomiさんは食欲をどうやってコントロールしているのですか?

もうちょっと食べようという気になる、刺激のあるものは避けて、刺激のないものを選んで食べるようにしています。

とくにご飯やパンなどの炭水化物や、砂糖は避けています。

炭水化物を摂るなら、私にとって刺激のすくない炭水化物としてオートミールやサツマイモを選択するようにしています。人によって違うと思います。

Naomiさんのように食欲をコントロールできる人とできない人の違いは?

私もできないですよ。

でも変わらなければ、一生このままだと思うとやるしかない!と思えるんです。

味覚をなおすとは?

サラダの味見をする前にドレッシングを食べているのは、サラダを食べているというよりドレッシングを食べているように見えるんです。

過去の私もそうでしたが(笑)

なるべくシンプルに、素材を生かして食べるように、心がけています。

市販のドレッシングを買う前に裏の表示を見てください。入っているものが少ないほどいいと私は思っています。なるべくシンプルなものを。

実はドレッシングはもう10年くらい買っていません。

ブロッコリーやカリフラワーは生では食べないけれど、ハンバーグに巻いて食べたり、チーズと食べたり、オリーブオイルと塩、胡椒で食べたり、アボガドと食べたり。

素材を生かして、楽しむのが私は好きなのかもしれないです。

調理をするとしたら、気をつけていることはなるべく塩を入れないようにしています。

オススメされる運動がキライな場合はどうしたらいいですか?

わたしも有酸素運動をイヤイヤやっていたことがありました。でも、運動はいろんな種類があるので。

とりあえずやってみないと、自分が気にいるかどうかは分からないこともあると思います。

わたしも筋トレを全く知らなかったけれど、たまたま筋肉のコンペティションに出た人の素敵な写真を見せてもらったのが、私もそのコンペティションに出たきっかけになったんです。まったく想像していなかったことです。

ヨガをやっていた時期もあります。やったほうがよさそうだったので。そのインストラクターがクラスの最後にプロテインの話をしていて、気になったので個人的に話を聞きにいったら、筋トレの話になって、その人が将来の私のトレーナーになったんです。

その人は私に運動の楽しさを教えてくれました。おしゃれなトレーニングウェアを教えてくれたりして。

目標設定をさげるとダイエットに成功しやすい?!

普段ジムに行かない人にとっては、ジムに行って運動するのは敷居が高くて続かないですよね。

例えば近くの公園までウォーキングしたり、自分が続けられることから始めたほうがいいと思います。

人と比べずに、昨日の自分と比べるというのを目標にして、少しずつ目標を上げていくというのが長続きします。

ジムに行って着替えるのが億劫で足が遠のいてしまうなら

朝からトレーニングウェアを着て過ごすようにしてます。

私も面倒くさいと思ってしまうので。

寝る時もトレーニングウェアで過ごすとか、私はしないですけど(笑)。

いつでも動ける格好だったら、ちょっと時間があったらすぐに運動できますし。

Naomi Nishikubo